HACCP-RA

HACCP-RA

HACCPの重要事項の一つである温度管理を簡単に

改正食品衛生法により、食品を扱う事業者に対して、2021年6月からHACCP(※)に沿った衛生管理の実施が完全義務化となりました。食品事業者は、食品の衛生管理の実施状況について工程ごとに洗い出し、管理、記録、保存する必要があり、設備投資や人的資源の確保が課題となっています。そこで当社では、事業者の負担を最小限に抑え、HACCPに沿った衛生管理の工程のひとつである食品保管時の温度をモニタリングし、データを収集、可視化、管理するサービス「HACCP-RA」(ハサップ・アールエー)を提供します。

  • HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは:食品の原材料の受け入れから最終製品までの工程ごとに、微生物による汚染や金属混入などの危害を予測した上で、危害の防止につながる特に重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理の手法
  • 特長 1

    HACCP運用の課題

    「HACCP-RA」は、温度をモニタリングするセンサーを設置するだけで、データ履歴を保持・可視化します。当社から送付するセンサー類(親機と子機)の電源をコンセントを差し、専用クラウドシステムの画面にログインするだけで、受け取ったその日のうちからご利用いただけます。モバイルからもログインできるため、いつでもどこでも管理画面を確認できます。

    HACCP運用の課題 HACCP運用の課題
  • 特長 2

    店舗ごとのデータの取りまとめや帳票での管理の負担を軽減

    クラウドを利用することで、複数の店舗を一元管理します。各店舗に設置したセンサーにより、庫内の温度をリアルタイムで管理画面から確認ができるほか、クラウド上にログを蓄積します。CSV出力機能を搭載しているため、データの取りまとめや帳票での管理の負担を軽減します。

    店舗ごとのデータの取りまとめや帳票での管理の負担を軽減
  • 特長 3

    グラフ化で直感的に把握

    集めたデータは管理画面上でグラフ(折れ線グラフ)化され、各店舗の温度の推移を直感的に把握することが可能です。また、各センサーのバッテリーの残量もグラフ上で確認できるため、見落としを防ぎます。

    グラフ化で直感的に把握

お問い合わせ

製品・サービスについてのお問い合わせはこちらから

ページトップ