ビッグデータへの取り組み

オープンストリームのビッグデータへの取組み

ビッグデータのビジネス活用とクラウド&IoT

IoT環境が現実となりつつある現在、ユーザの詳細で膨大な情報をビッグデータとして取り扱い、クラウド環境での提供や利用を容易にするプラットフォームが求められています。

複雑で膨大な量のデータをリアルタイムに処理し、ビジネスに活用可能な形にすることで、今までにない利用シーンが生み出されます。

近年実用性の高まってきたAI(人工知能)、コグニティブ・コンピューティング(機械学習)といった先端技術を取り入れ、過去・現在・未来の様々な時間軸で価値の高い情報を提供する環境を実現しています。

オープンストリームでは、開発実績の豊富なクラウド環境上に様々なビッグデータソリューションを組合せ独自のプラットフォームを構築、ビジネスの活用シーンに合わせて提供します。

ビッグデータ活用を支える技術

オープンストリームのビッグデータ技術

オープンストリームでは、広告系や家電系など業種を問わず、幅広い企業のビッグデータニーズに対応してまいりました。

大量に発生するデータの加工処理や集計処理を行うシステム基盤の構築を始めとし、よりリアルタイムに状況を把握するために、リアルタイム処理基盤を構築するなどユーザーの多種多様なニーズに対応します。

データを収集・蓄積するだけではなく、そこから新たな価値を生み出し、ビジネスに活用するための仕組みをオープン・クローズドを問わず先進の技術を組合せ様々なソリューションを生み出しています。

◆オープンストリームが取り組む代表的な技術一覧

※一覧の技術群はオープンストリームで実績のある技術の代表的なものです。
ユーザー様のニーズに合わせ、常に新しい技術への取り組みを続けています。

OpenStream Technologies for BigData

OpenStream Technologies for BigDataとは

オープンストリームが取り組んできたビッグデータテクノロジをクラウドサービスを中心に新たなプラットフォームとして提供します。
 ◆ビッグデータをビジネスに活用するための、ソリューションをプラットフォームとしてラインナップ
 ◆AI(人工知能)、機械学習といった最新技術を容易に利用可能な実用的なインターフェイスを提供
 ◆IoT、モバイルサービス等の実際に利用可能なサンプルソリューションを用意

OpenStream Technologies for BigData 概念図

ラインナップ

大量(数TB/h)データをリアルタイムに収集し、加工・蓄積するためのプラットフォームです。

      ◆短期間での基盤構築が可能
      ◆スモールスタートが可能
      ◆既存モジュールによるBI/可視化連携が可能

分析結果の通知や端末・ユーザの管理、認証までトータルにサポートする、サービスです。

      ◆通知受信ライブラリ・管理基盤の提供で、素早い導入が可能
      ◆ユーザ行動分析から、適切なタイミングでの通知を実現