デジタルアーカイブ公開Webサイト構築ソリューション

国際規格 IIIFに対応

当社では、これまでの実績として、大学図書館のデジタルアーカイブ公開Webサイトを開発・構築(Webサイトデザイン、参照サイト構築、画像サーバ構築、画像変換)しております。

「デジタルアーカイブ公開Webサイト構築ソリューション」には、当社がこれまでの構築実績で培った技術・ノウハウを結集しております。貴重な文化資産を高解像度な電子化、記録保存、国際規格 IIIF(International Image Interoperability Framework、トリプル・アイ・エフ)対応による相互運用性とアクセス環境向上を実現でき、アーカイブのグローバルな利活用を促進します。

180111_iiif_pic.jpg

当社開発・構築事例

京都大学貴重資料デジタルアーカイブ

京都大学貴重資料デジタルアーカイブ

2017年12月1日より正式公開された本デジタルアーカイブはIIIF に対応しており、3,700タイトル以上の資料が公開されています(2017年12月現在)。利用申請・利用料の支払手続きをすることなく、京都大学附属図書館所蔵資料の電子化画像が自由に利用できます。

慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション

慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション

2017年4月6日より公開。慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクションは、慶應義塾大学メディアセンターが所蔵する貴重資料や特殊コレクションを公開するサイトで、高精細画像閲覧のためのIIIFサーバを利用しています。

ご提供概要

デジタルアーカイブを公開するWebサイトにおいて国際規格IIIFを採用・対応・構築したい機関・団体・企業様向けに、規模、予算に合わせ、構想・準備段階から全面支援。 構築にあたっての要件定義から運用保守までを一括して提供いたします。サイト構築パッケージを用いたスピーディなデジタルアーカイブ公開サイト構築が可能です。

ソリューション内容

  1. ・サイトデザイン
  2. ・参照サイトをカスタマイズ構築
  3. ・画像サーバ構築
  4. ・画像変換(必要に応じ、ご所有のJPEG,TIF形式等のファイルをPyramid TIFF形式に変換)

価格

    400万円~(税別)

本ソリューションに関するお問い合わせはこちらから

本ソリューションに関するお問い合わせはこちらからお気軽にお申し込みください。