オープンイノベーションによるプロジェクトにてAI画像解析を用いた帳票のデジタル化エンジンを開発

株式会社オープンストリーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 吉原 和彦、以下オープンストリーム)は、AIによる画像解析技術を用いて帳票の画像から枠や線、入力項目などの情報を自動認識し、帳票項目を構造化したデータを生成・出力するエンジン「DeepForms(ディープフォームズ)」をトッパン・フォームズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂田 甲一、以下トッパンフォームズ)と共同開発しました(*1)

DeepForms概要図
DeepForms概要図

【背景】
デジタル化の進展に伴い、各企業が社内外で行う各種手続きを紙帳票から電子帳票での運用に切り替えています。しかし、切り替えに伴うシステム構築には煩雑なプログラム開発やIT人材不足などにより、多大な時間とコストを要しており、効率化・省力化が求められています。
このたび開発した「DeepForms」は、トッパンフォームズが保有する大量の帳票データの学習や、オープンストリームが持つ転移学習をはじめとする最新のディープラーニング技術という2社の強みを活かした共同開発を行うことにより、AIを用いた画像解析技術で80%を超える認識率を実現し、お客さまの業務に適用可能な高精度を実現しています。

【今後の展開】
オープンストリームはAI分野において、今回のトッパンフォームズとの取り組みと合わせて、2016年から国立大学法人 電気通信大学の庄野逸研究室と共同研究を行っており(*2)、この取り組みを通し自社技術としてAI技術の向上だけではなく、他社や大学などが持つ技術や特徴を組み合わせ、革新的な製品開発を生みだすオープンイノベーションによるプロジェクト運営を確立しました。
今後もオープンストリームは、これまで培ってまいりましたAI技術やシステム開発技術を発展させると共に、従来のSI・受託システム開発や自社パッケージソフトの企画販売だけでなく、お客様と共同でイノベーションを創出するR&D型の事業活動も拡大してまいります。

【プロジェクト概要】
本プロジェクトでは、オープンストリームとトッパンフォームズとの双方からR&D実務担当者を数名選出して共同チーム体制を作りR&Dを推進しています。
チーム運営では、メンバーの学ぶ力と発想力を最大限に引き出すことを狙って、要素技術の勉強会や、最新の学術論文の輪講などを適宜開催しながら、大学の研究室にも似た自由で闊達な雰囲気のもとでR&Dを進めております。
また、R&Dの成果物に関しても対等な協定を結んでおり、開発した技術や知見を双方のビジネスに有効活用できる仕組みを作っています。

プロジェクト運営体制
プロジェクト運営体制

*1:トッパンフォームズとオープンストリームで共同特許出願中。
「DeepForms/ディープフォームズ」は、トッパン・フォームズ株式会社の登録商標です。
その他記載された製品名などは各社の登録商標あるいは商標です。

*2:2016年8月29日プレスリリース「オープンストリームと電気通信大学、人工知能分野で共同研究開始」
https://www.opst.co.jp/info/si/info_2016/press/20160829/
2018年4月2日プレスリリース「オープンストリームと電気通信大学、FPGAによるAIエッジコンピューティング技術の実証実験を行い、論文を発表」
https://www.opst.co.jp/info/si/info_2018/press/20180402/

【トッパン・フォームズ株式会社について】

本社:東京都港区東新橋1-7-3
設立:1955年5月
代表者:代表取締役社長 坂田 甲一
資本金:117億5,000万円
URL:https://www.toppan-f.co.jp/

 

【株式会社オープンストリームについて】

本社:〒163-0709 東京都新宿区西新宿2丁目7番1号 小田急第一生命ビル9階
設立:2000年1月
代表者:代表取締役社長 吉原 和彦
資本金:2億6,260万円
URL:https://www.opst.co.jp/

 

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社オープンストリーム 事業企画部
TEL:03-4589-8911 FAX:03-4589-8901
E-mail:bpd@opst.co.jp

※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。


電話でのお問い合わせ

03-4589-8800

お問い合わせ

sidebanner_OPSTTech.jpg
sidebanner_OPSTTIMES.jpg