オープンストリーム、いつでもどこでもオンラインでパーティーできるクラウドプラットフォーム「Online Party Platform」を開発中
~ クラウド上のPartyにDJとオーディエンスが集う ~

株式会社オープンストリーム(本社:東京都新宿区 代表取締役社⻑:吉原 和彦 以下 オープンスト リーム)は、スマートフォンアプリなどを介して、いつでもどこでもオンラインでパーティーができる クラウドプラットフォーム「Online Party Platform(仮称、以下 OPP)」を2018 年度中のサービス 化、提供開始を目指して開発中であることを発表いたします。

■開発背景

2000 年代後半から世界的ムーブメントを起こしているEDM(Electronic Dance Music)の経済規模は71 億ドル(*1)に達し、日本国内においてもダンスミュージックイベントの盛況や、ダンスが必修科目化されたことによるダンス音楽需要が旺盛になってきています。ダンスに必須な楽曲をホール、クラブ、野外ライブなどで、レコード、CD、もしくは音楽データを元に切れ目なくかけるように機器操作す るDJ が注目を集め、DJ がバンドの構成として加えられたり、また趣味として自宅でDJ を楽しんだりする方も増えてきています。また、2017 年の全世界の音楽制作業界において、音楽ストリーミングサービスでの売上が最大を占めるまでになり、有料ストリーミングサービスの利用者も1 億7600 万人に達しています(*2)。
その環境下で「DJ を始めたので気軽に披露したい」、「クラブに行かなくてもDJ の演奏を楽しみたい」といったような、時間や場所にとらわれずに楽しみたいニーズが存在します。

■OPPとは

オープンストリームが得意領域とする「クラウド技術」「IoT 技術」と「モバイルアプリケーション開発技術」を生かして開発、加えて特許出願中(*3)の独自技術を用いたOPP は、音楽配信サービスの音源を使い、DJ の操作やサウンドの視聴に関する時間や場所の制約から解放する、クラウドプラットフォームおよびサービスです。

OPP は、DJ やオーディエンスを、時間や場所の制約から解放することによって、DJ の方にはプレイを披露する、オーディエンスの方にはDJ プレイを楽しむ機会を増やします。オーディエンスはDJ の選曲・プレイに対してリアルタイムにリアクションを送ったり、チャットによって参加者間で盛り上がることもできます。

またOPP では音楽配信サービスの音源を使うことから、楽曲が再生された回数やデバイスを正確に把握できるため、アーティストや著作権者等への適正な還元もサポートできます。
OPP のサービス、機能をご利用いただくことによって、様々なステークホルダーの方々にベネフィットを提供すると共に、クラブミュージックやDJ カルチャーの裾野を広げ、その発展向上に貢献したいと考えております。

なお、高度なノウハウを要するDJ 機能については、ポータブルDJ 機器「GODJ」を開発・販売するJDSound 様との技術提携により開発を進めております。
また、一般社団法人日本DJ 協会のご協力のもと、日本国内で活躍するDJ の方々を対象とした実証実験を2018 年6 月に実施いたします。
今回の開発にあたり、株式会社JDSound 様、一般社団法人日本DJ 協会様より以下のエンドースメントを頂戴しております。(順不同)

■株式会社JDSound様からのエンドースメント

弊社は世界最小DJ機器「GODJ」シリーズを通じてポータブルDJという新ジャンルを確立し、誰もが気軽にDJを楽しめる環境を応援してまいりました。「Online Party Platform」はまさにその究極の形であり、そこに弊社が長年培ってきたGODJシリーズのDNAを注ぎ込める事を大変嬉しく思っています。物理的、空間的、時間的な制限が無くなることでDJの活動の場がより一層広がっていくことを期待しています。

株式会社JDSound
代表取締役
宮崎 晃一郎

■一般社団法人日本DJ協会様からのエンドースメント

Online Party Platformに期待しています。
アナログ・レコードで音楽を途切れなく繋ぐDJスタイルが誕生して約50年。
ナイトクラブから始まったDJカルチャーは世界中で開催される大型音楽フェスには欠かせない存在に成長しました。
レコードからCDに、そしてパソコン、USBを使用したデータ―でのDJなど、プレイスタイルも多種多様。
今回のOnline Party Platformにより手軽にDJ、音楽を楽しんで頂き、DJがより生活の中に入って行く事を期待しています。

一般社団法人日本DJ協会
DJ DRAGON

■OPPアプリケーション 機能概要

OPP は、DJ 向けの機能、VJ 向けの機能、オーディエンス向けの機能を有し、それぞれが場所を超えて同じパーティーに参加することができます。
(1)DJ 向けの機能
DJ が使用する、DJ コントローラーです。一般的なDJ 機器と同様、二つのターンテーブルとミキサーとしての機能を有し、音楽配信サービスのストリーミング音源を使用することができます。また、VJ が流すビジュアル・エフェクトや、オーディエンスからのリアクションが、DJ をしながら見られるのが大きな特徴となります。基本的な機能はスマートフォンアプリとして提供しますが、将来的には既存のDJ機器と当プラットフォームを連携し、より高度なDJ プレイがオンラインで可能になります。

(2)VJ向けの機能
VJが使用する、VJコントローラーです。DJの選曲する音楽に合わせ、オンライン・パーティー上のビジュアル・エフェクトを操作することができます。

(3)オーディエンス向けの機能
オーディエンスが使用する、プレイヤー機能です。DJ の選曲する音楽や、VJ の操作するビジュアル・エフェクトを再生することができます。また、「Whoop」(フープ)と呼ばれるリアクションを送ったり、チャットによってユーザ同士で交流したりすることができます。

DJ.png
VJ.png Player.png

>▲ 各機能の操作画面イメージ。上:DJ向け、左下:VJ向け、右下:オーディエンス向け
(開発中のものとなります。最終ではございません)

今後もオープンストリームはモバイル、クラウド等の技術を統合していくことで、利用者の新しい体験価値の創造に貢献してまいります。

*1 IMS Business Report 2016:
https://www.internationalmusicsummit.com/wp-content/uploads/2016/05/IMS-Business-Report-2016.pdf
*2 IFPI Global Music Report 2018:
http://www.ifpi.org/downloads/GMR2018.pdf
*3 DJ/VJによるプレイをリアルタイムで共有する独自技術について、「楽曲配信システム及び楽曲配信方法ならびに楽曲配信プログラム」として、以下の内容にて国際特許出願中です。
出願番号 :PCT/JP2018/020624
特許出願日:2018年5月29日
出願人  :株式会社オープンストリーム

【株式会社オープンストリームについて】

本社:〒163-0709 東京都新宿区西新宿2丁目7番1号 小田急第一生命ビル9階
設立:2000年1月
代表者:代表取締役社長 吉原 和彦
資本金:2億6,260万円
URL:https://www.opst.co.jp/

 

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】

株式会社オープンストリーム 業務推進本部
TEL:03-4589-8800 FAX:03-4589-8810
E-mail:bpd@opst.co.jp

※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。


電話でのお問い合わせ

03-4589-8800

お問い合わせ

sidebanner_OPSTTech.jpg
sidebanner_OPSTTIMES.jpg