Flash(Flex)ベースの業務システムからのコンバートツールの無償提供開始
~HTML5への移行と比べ、コスト最大70%削減を実現~

株式会社オープンストリーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉原 和彦、以下 オープンストリーム)は、Flash(Flex)ベースで構築された業務システムを、オープンストリームが提供しているビジネスUIプラットフォーム「Biz/Browser」への移行を行えるFlexコンバートツールの無償提供を2019年5月14日より開始いたしました。

【開発背景】
Flash(Flex)は、2020年末にメーカーサポートが終了し、それまでにも主要ブラウザベンダーのサポートが段階的に終了することを発表しているため、Flexの開発元のAdobe社は、HTML5への移行を推奨しております。 しかしながらHTML5への移行は、サポート終了のための改修となりシステム的に改善される理由ではないため、予算確保の困難さに加え、FlexとHTML5のUI設計が根本的に異なるためUI部分の改修だけではなく、サーバー通信の改修も発生します。そのためサーバーサイドアプリケーションからクライアントアプリケーションの全面的な改修となり大幅なシステム改修工数が発生します。 また改修後の業務システム操作はWebブラウザを利用するため、Webブラウザの種類やバージョンに合わせた開発運用コストが発生します。
今回リリースしたFlexコンバーターツールにてBiz/Browserへ移行することにより操作性、見た目はほぼそのまま状態を維持し、移行コスト最大70%削減※可能となります。
※当社工数シミュレーションによる想定値

【Flexコンバートツールでの移行概要】】
Flexコンバーターツールは、当社が開発したMXMLコンバーターに加え各種互換性のライブラリを提供しているため、大幅な移行コストの削減が可能になります。

システム移行コスト

  1. クライアントアプリケーション画面定義の移行
    MXMLコンバーターでクライアントアプリケーション画面定義移行を行います(90%以上)。 Flexアプリケーションの外観、操作性を遜色なく再現します。
  2. クライアントアプリケーションロジックの移行
    コンバートツールにてActionScriptから、CRS※スクリプトファイルにコピーされ、Action ScriptとCRSスクリプトの文法差異部分を改修。Flex3の主要クラスとの互換ライブラリを利用できるため追加の機能実装は最小限に抑えられます。 ※CRS:Biz/Browser専用のスクリプト言語。
  3. サーバーサイドアプリケーション・通信方式の変換不要
    Biz/Browserでは、Flexで作成されたシステムにおいてクライアントアプリケーションとサーバーサイドアプリケーション間の通信フォーマットとして多く利用されるAMF通信をサポートしています。 そのためサーバーサイドアプリケーションの資産をそのまま流用することが可能となるため、通信フォーマットの変更等によるサーバーサイドアプリケーションの改修コストが発生しません。

bizsol07_02_01.jpg

移行作業比較表
bizsol07_02_02.jpg

【提供内容】

  • MXMLコンバーター
    MXMLをCRSへコンバートするツール。
  • Flex3 SDK互換クラスライブラリ(Flex3 SDK for CRS)
    Flex3 SDKのクラスをCRS上で再現するための互換クラスライブラリ。
  • AMF通信ライブラリ

【Biz/Browserによるシステム移行支援サービス】
規模、ご予算、ご要望に合わせ事前検証やPoC、準備段階から全面支援。ビジネスUIプラットフォーム「Biz/Browser」への移行にあたっての実現方法の検討から、移行ツール開発・検討含めた包括的な提案を無償にて行います。また技術支援をご希望の場合は、有償にてシステム移行作業支援をご用意しております。

  1. Flex⇒Biz/Browser移行診断(無償)
    Flex⇒Biz/Browser移行診断ツールを使いUI定義のコンバート率を算出します。Biz/Browserアプリケーションへのコンバート後、どの程度改修が必要となるかを計ることができます。
    Flex⇒Biz/Browser移行診断ツールは無償にて提供しております。お客様自身で実施いただくことも可能です。
  2. システム移行見積支援(無償)
    移行診断の結果を受けて、Biz/Browserアプリケーションへの移行にかかるお見積作成の支援を行います。
    Biz/Browserアプリケーションの見積作成にあたり、必要な場合は当社開発パートナーをご紹介いたします。
  3. システム移行作業支援(有償)
    FlexからBiz/Browserアプリケーションへの移行改修作業の支援を行います。
    ・UI定義移行作業:移行ツールでコンバートできなかった部分の移行作業を行います。
    ・UI制御移行作業:ActionScriptをBiz/Browserのスクリプトコード(CRS)への移行作業を行います。

【参考】
Biz/Browserソリューション「Flexで開発された業務システムへの救済策は?」
https://www.opst.co.jp/bizbrowser/solution/bizsol_007/

【Biz/Browserについて】
「Biz/Browser」は、業務システムのためのアプリケーション開発・実行環境です。
「Biz/Browser」でアプリケーションを開発することにより、業務システムで要求される高効率の入力環境を実現する最適なユーザーインターフェース(アプリケーション画面)を提供できます。

また「Biz/Browser」は様々なOSや端末に対応しており、Biz/Browserで開発したアプリケーションは、OSや端末にあわせて改修することなく様々な端末環境で動作させることが可能になります。加えて端末OSのアップデートや利用端末機種の変更等によるシステム動作環境の変化を吸収し、業務アプリケーションへの影響を最小化します。これにより業務システムの長期安定稼動を支え、システムの運用負荷・運用コストを大幅に削減します。

今後もオープンストリームは、製品、ソリューション等を通じて、お客様の業務システム活用促進とそれによる事業拡大と業務改革に貢献してまいります。

【株式会社オープンストリームについて】

本社:〒163-0709 東京都新宿区西新宿2丁目7番1号 小田急第一生命ビル9階
設立:2000年1月
代表者:代表取締役社長 吉原 和彦
資本金:2億6,260万円
URL:https://www.opst.co.jp/

 

【本製品に関するお問い合わせ先】
株式会社オープンストリーム プロダクト事業部
お問い合わせ先:https://www.opst.co.jp/bizbrowser/contact/flex

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
株式会社オープンストリーム 業務推進本部
TEL:03-4589-8800 FAX:03-4589-8810
E-mail:bpd@opst.co.jp

※記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本ドキュメントの掲載内容は発表時の内容です。
※画像は全てイメージです。改良のために予告なく変更する場合があります。