#

Biz/Browser 活用法・課題解決「UIプロトタイピング開発」で手戻りのない開発を!

業務システム開発の特徴

#

業務システム開発の特徴として以下の項目が挙げられます。

  • 基幹系の業務システムである場合が多い
  • 既存業務の要件は明確であることが多い
  • 業務ノウハウが蓄積された複雑なシステムが多い
  • ウォータフォール型開発手法で開発を進めることが多い
  • 業務部門のステークホルダーが多い
  • 合意形成が重要な課題となる業務改革が価値を生むが、実現のハードルは高い

業務システム開発プロジェクトを成功に導くために

スコープの明確化

業務システム開発を成功に導くにはプロジェクト立ち上げ時の計画段階が最も重要です。
なかでも、プロジェクトが対象とする業務範囲(スコープ)の明確化が最重要となります。
現状維持・水平移行する業務以外においてはステークホルダー間の早期の合意形成が重要な課題といえます。

#

ウォーターフォール型開発の欠点を補う開発プロセス

ウォーターフォール型開発において、上流段階の合意形成が不十分であると、結果的にエンドユーザが期待したものとは異なるシステムになってしまいます。
※いわゆる「正しくないシステムを正しく作って」しまうことになります。
ウォーターフォール型開発の限界を考慮し、プロジェクトの成功のために開発プロセスに下記の要素を加えます。

#

PLAN(計画)→DO(実施)→CHECK(評価)→ACT(対応)→PLANは単なる計画ではなく、合意形成のゴールとしてチェックの基準(いつ、誰が、何をもって、良しとするか)を決めておくことが重要です。

※際限ないイテレーションは行わない。

開発プロセス(例)

#

ウォーターフォール型開発の設計段階にPDCAサイクルを導入。論点となる業務をシステムイメージを含め早期に「見える化」、さらに段階的詳細化でビジネスモデルを洗練し、合意形成につなげるイテレーションが効果的です。

UIプロトタイピング開発とプロトタイプ画面の流用が可能

UIプロトタイピング開発とは

Biz/Browser・Biz/Designerの特徴である、GUI環境での画面作成と、仮想データを利用したリアルタイム動作検証機能を活用し、エンドユーザと対面でUI部分のスパイラル開発を行う、弊社が提唱する開発手法です。

実際に動作する画面(プロトタイプ)を作成しながら、早期にエンドユーザと業務イメージの合意が行えます。

UIプロトタイピング開発のメリット

作成した画面プロトタイプはそのまま開発フェーズに流用できるため、工数の削減が可能です。画面設計と並行してサーバサイドの設計を行えるため、開発期間が短縮できます。

早い段階でステークホルダーとの合意形成が出来ているため、オペレーションテスト・運用時の手戻りを最小限にする事が可能です。

#

大規模プロジェクトの場合は、業務の標準化、業務改革、新規に価値をうむ業務の導入といった、論点となる業務にスコープを絞って実施すると効果的です。

製品についてのお問い合わせは
こちらから