#

Biz/Browser 活用法・課題解決デスクトップ

Webシステムを構築したいがHTMLでは画面が上手く作れない

#

HTMLは元々はドキュメントを記述する言語であり、アプリケーションのための部品は数えるほどしかありません。

HTMLで画面を作ってしまうと、操作性の悪い画面で我慢するか、多大な開発コストを投入してJavaScriptによる複雑なプログラムを記述することになります。

抜群の操作感

Biz/Browserの役割は「画面」です。Webシステム全体のうちHTML画面のみをBiz/Browserに置き換えることで、Web化のメリットを享受しながら抜群の操作感を実現します。

Biz/Browserにはユーザの入力効率を向上させる豊富な部品が標準搭載されています。 IME 制御、入力文字制限、タブキーによる移動設定など、HTML画面では実現困難な複雑な画面制御が可能です。

グリッドコントロールによる大量データの表示や入力など、効率が重視される業務アプリケーションの要求にも応えられます。

関連事例

既存システムをWeb化したいが、画面の操作性はそのまま引き継ぎたい

#

システムを単純にWeb化してしまうと、システム利用者の現場から「使い辛くなった」「前の方が良かった」など苦情が多発することがあります。

システムの保守コスト削減がWeb化の目的であれば、その点においては成功です。しかし、現場にシステムを使ってもらえなければ意味がありません。

ホスト、クライアントサーバ、HTMLによるWebシステムからの乗り換え

HTMLとWebブラウザを使用したシステムは、利用者の入力効率が重視される業務アプリケーションには向いていません。

Biz/Browserは、ホストやクライアントサーバなどの従来型システムからの移行はもちろん、すでに作ってしまったHTMLによるWebシステムの改良にもご活用いただけます。

関連事例

製品についてのお問い合わせは
こちらから