Biz/Browser ソリューション

Flexで開発された業務システムへの救済策は?

sol07_blanding.jpg

課題

2017年7月にAdobe Sytems社は、2020年末でのFlash(Flex)サポート終了を発表しました。この発表にあわせて、Webブラウザを提供するGoogle、Apple、Microsoft、Mozillaや、ゲームなどでFlashを採用するFacebookも、Flashからの移行推進を発表しており、各社が段階的にFlashのサポート終了を進めることが明らかになっています。
Microsoftは2020年までにWindowsにおけるFlashのサポートを廃止するとしています。

そのような中、Flash(Flex)で開発されたWeb系業務システムはサポート終了に向けて、Flashからの速やかな移行が求められています。
しかしながら、企業の基幹業務システムなどでは大量の画面が存在するため、移行も一筋縄ではいかず、大規模かつ複雑な要件となりがちです。サポート終了までの限られた時間の中で移行するには、大規模・大量画面を効率的に、しかも移行後の提供レベルを下げることなく実現することが求められます。 またこの移行を機に、サポート廃止の不安がなく、長期に渡ってコスト面も含めて安定した運用を求めらるでしょう。さらにはクライアント側で使用されているハードウエアやOSの多様化や、モバイル対応ニーズも高まる中、その対応も検討せねばなりません。

今回は、Flexで開発された業務システムの速やかな移行に対応でき、移行後には長期安定運用とコスト最適化が図れるのみならず、マルチデバイスをはじめとする多様なニーズに対応できる解決方法をご紹介します。

解決策 / 手法

サーバサイドをそのままに、アプリケーション環境の移行コスト削減を目指す

ホームページ作成の言語として認識されているHTML5を使用したオープンソースのみでのWebフロントエンドによる基幹システムへの移行も検討されることがあるようです。
このようなオープンソースでのシステム移行は、開発を担う技術者に豊富なWeb関連技術の知識と高い設計能力が要求されます。システム移行後もオープンソースにありがちな不定期に起こるバージョンアップや仕様変更への対応、挙句の果てには機能やモジュール廃止などと、常に技術仕様と格闘しながら、システム保守の対応をしていかねばなりません。開発終了後もこれらに対応できる優秀な技術者を長期的に確保し続けることは人材確保・運用コストの面でも難しいことが多いのではないでしょうか。

ここでは、そのような悩みを解決できる、ビジネスUIプラットフォーム「Biz/Browser」による移行方法をご紹介します。

ビジネスUIプラットフォーム

Biz/Browserとは

Biz/Browserは、クライアントで動作する業務システム向けのUIプラットフォームです。
Webシステムでありながら、C/S型システムに匹敵する操作性の高い画面を構築することが可能であり、システム画面の開発もGUIベースの統合開発環境(無償)を提供しており、高い開発生産性を実現します。

また、Biz/Browserで作成されたクライアントアプリケーションは、http/https通信でサーバーサイドのアプリケーション(API)と連携を行います。
Biz/Browserのこの特性が、Flexで開発されたクライアントアプリケーションの移行に大きな役割を果たします。

Flexで開発された業務システムの移行

Flexで作成されるクライアントアプリケーションは、Biz/Browserと同様にクライアント上で動作し、http/https通信でサーバーサイドのアプリケーション(API)と連携を行います。
Biz/Browserの特性により、既存のサーバーサイドのアプリケーションに大きな変更を加えることなくクライアントアプリケーションの移行が実現可能となり、システム移行期間の圧縮・移行コストの削減を実現します。

また、Biz/Browserへ移行することにより様々なメリットを得ることができます。

下図 移行イメージ、移行ポイント、Biz/Browser選択のメリットをご参照ください。

移行イメージ

bizsol07_01.jpg

Biz/Browserで実現する業務アプリケーションの基本概念図

bizsol05_01.jpg

移行ポイント

既存資産を活用

端末OSのバージョンアップ時、開発、移行作業のたびに発生する技術要素の検討に悩まされる必要がありません。
また、マイグレーション時はサーバサイドのデータベース部分など、そのまま利用できるバックエンド部分はそのまま活用し、フロントエンド部分のみ置き換えていく方法のため、新たに用件定義から作成~開発することなく必要最低限の改修で新システムに移行できます。フロント側も各システムに合わせて変換ツールを使用するなど、スクラッチ開発をせずに移行することが可能です。

業務系UIに特化

ボタン、入力窓、メニュー以外にもグリッド表示、Excel準拠のスプレッドシート型表示&入力など、高度なUI部品も標準装備し、業務系に必要なUIを簡単に実現しています。3Dグラフィクスなどのエンターテイメント系のUI装備にはあえて注力していませんが、必要十分な機能が内蔵されており、外部ライブラリの読み込みが不要で高速起動・実行が可能です。
UIの動作ロジックや表示設定もJavaScriptに似た独自のプログラミング言語「CRS」だけで完結できるため、Webフロントエンド側の言語だけでHTMLに始まりCSS、JavaScript…と新たに複数の言語・技術を習得する必要もなく、他の言語の知識は一切不要です。

マルチデバイス対応

CRSプログラムは、基本的にどのBiz/Browserでもそのまま動作するため、ワンソース・マルチユースが可能です※。 結果、デバイスごとのアプリ開発が不要となるため、開発・運用コスト削減につながります。
移行に合わせ、新たに対応デバイスを増やしたい、切り替えたい、などの場合にもワンストップソリューションでの提供が可能で、iOS、Android、Windows10など、目まぐるしく変わるシステム稼働環境の変化にも随時対応しています。
※タッチパネルや各種センサーなど、デバイス固有の機能へは別途対応が必要です。

移行サービスについて

規模、ご予算、ご要望に合わせ、事前検証、PoC、準備段階から全面支援。ビジネスUIプラットフォーム「Biz/Browser」への移行にあたっての実現方法の検討から、移行ツール開発・検討含めた包括的なご提案いたします。

サービス内容
  • 事前調査・検証・コンサルティング
  • Biz/Browserへの移行案の検討
  • Biz/Browser上で動作するサンプルの画面(モックアップ)
  • サンプル画面を用いた検証(機能の実現性、再現性、パフォーマンスなど)
価格
  • 80万円~(税別)

Biz/Browser選択のメリット

トータルコストの削減

Biz/Browserの選択により、バージョンアップや仕様変更が不定期に起こるオープンソースと異なり、技術要素の仕様検討工数の削減が可能です。またOSのバージョンアップによる環境差異をBiz/Browserが吸収することで、システムの長期安定稼働を実現します。
Biz/Browserは業務用UIに特化しているため、開発生産性向上や、システム運用負荷・コストの削減をすることができ、結果としてTOC抑制を実現します。
国産製品の安心感

Biz/Browserでは国内のお客様・市場動向に合わせた製品開発・サポート。インターフェースが日本語であることはもちろん、海外製品のように、本国・海外本社の意向による唐突な生産中止・サポート打ち切りなどがなく、またオープンソースにありがちな、頻繁なバージョンアップや仕様変更に「慣れるって!」という合言葉で対応し続ける必要もありません。
セキュアな実行環境の実現

HTML5などのオープンソース技術によりWebフロントエンドでセキュリティを担保した高い性能を実現するには、豊富で幅広いWeb関連の知識と設計、緻密な実装と検証による開発が必要になります。そのシステムの長期的な維持・運用を含めて実現しうる優秀な技術者の確保は容易ではありません。Biz/Browserは内部情報非公開の商用ソフトウエアなため、内部構造の解析がされにくいセキュアなつくりが実現できます。
ロングライフサポート

1999年の提供開始から約20年近くにわたり、採用実績も1700社を超え、業務系UI基盤においてシステムのロングライフを支え続けています。また製品自体にとどまらず、ITシステムの初期開発に適応される開発サポートをはじめ、Biz/Browser稼働後の保守運用に関する製品サポートも一定の費用こそ必要ですが対応しており、移行から運用まで万全の長期サポートを提供しています。
公式サポート・技術サポートの提供

基本的にすべての技術を自助努力・自己責任でサポートをまかなうオープンソースとは異なり、Biz/Browserでは公式サポートでマイグレーション時のバージョンアップ対応や支援が受けられます。オープンソースはネットやコミュニティを活用した情報を活用し自己責任で時間をかけサポート対応してもその結果に保証はありませんが、Biz/Browserは商用ソフトウエアとしての公式サポートを受けながら作業を進められます。海外製品にありがちな、返答を得るまでに多大な時間がかかったり、また言葉の壁がネックとなって、今ひとつ的外れな回答しかえられない、ということもなく、公式サポートから迅速で的確な回答が得られます。

lineup_DT.jpg

Webシステムを効率的に操作・運用するためのフロントエンドとして、Webシステムにおける操作性、レスポンスなどのさまざまな課題が解決できます。

lineup_SD.jpg

iOS/Android/Windowsタブレットでのマルチプラットフォームを実現した開発・実行環境です。

biz-bizbrowsermobile.png

Windows CE、Windows Mobile搭載のさまざまなハンディターミナルで動作可能となっており、日々の集配業務から在庫管理、棚卸など、柔軟にシステム構築が行えます。

お問い合わせ

製品・ソリューションに関するお問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。