導入事例

株式会社日新

“20年単位の保守性”を考慮し、業務システムのIBMホストを刷新

株式会社日新様

海上輸送を中心に国際物流を手掛ける株式会社日新は、業務システムのUI基盤として「Biz/Browser」を導入している。

採用のきっかけになったのが、1999年に実施した海上業務・通関システムの再構築。クライアント/サーバ型でシステムを刷新したため、改修するたびにクライアント端末用に約500枚ものCD-ROMを作成し、修正プログラムを配布する必要があった。これが運用上の大きな負担になっていたのだ。

そこで、自動車会社向け通関システムの刷新では、端末側にプログラムのソースコードを持つ必要のない「Web化」を模索する。このプラットフォームとして選ばれたのが「Biz/Browser」であった。

「Biz/Browser」は業務システム構築に特化しているので、開発環境が標準化されており、開発者によって実装プログラムに差が出づらいという特徴がある。10年、20年というスパンで運用保守を考えると、こうした開発環境が最適なのだという。

今後は、航空貨物輸送で使用中のNEC系のホストコンピュータや、SAPの経理系システムでも“Biz/Browser化”を、積極的に進めている株式会社日新の事例PDFは、下記のボタンからダウンロードできる。

 

事例PDFダウンロード

個人情報を登録して、事例PDFをダウンロード