導入事例

三菱重工業株式会社

自社内で構築・改修し現場ニーズにきめ細かく対応
生産現場の「見える化」をタブレット端末とBiz/Browser AIで実現

三菱重工業株式会社

生産現場の「見える化」は、多くの製造業に求められる共通する命題であった。現場を把握できなければ課題を発見できないし、解決も改善もできない。従来、紙による指示やチェックが行われてきたが、データ化に時間がかかる上、正確性にも不安があった。ここで注目されたのがタブレット端末の登場である。しかし、システム開発のハードルが高く、活用されないままという現実が一般のシステム開発の現場では散見されている。そこで、三菱重工業の汎用機・特車事業本部 本工場では、システム管理部門の担当者レベルで構築可能な難易度、国産という安心感、マルチデバイス対応などを要件にテストを重ね、「Biz/Browser AI」を開発環境として採用した。生産ラインの実績把握システムや部品のキッティングシステムなどを次々と構築し、生産現場の「見える化」に成功している。

導入メリット

①自社内で開発してニーズに即応、現場からの支持を獲得。

②手戻りを削減し、大幅なスピードアップとコスト削減を実現。

③生産現場の「見える化」と作業の標準化。

事例の続きを読む

続きの事例をお読みになりたい方は個人情報をご登録の上、こちらから事例をダウンロードください。