#

BizDevOps(Business Development Operation)

概要Overview

実績に基づいたビジネスライフサイクルの知見

デジタルビジネスの展開や拡大において、「スピード感」と「精度の高さ」が求められます。サービス開発が、IT部門による構築の時代から事業部門におけるイノベーションへと変化していくなか、これらの両立には「ビジネス企画の言語化」と「具体的なサービス提供モデルの実現」のバランスが必要です。当社は単なる開発ベンダーではなく、多くのネットサービスの導入を通じて得た、ビジネスライフサイクルの知見を提供します。

効果 Value

デザインシンキングとアジャイルに基づくサービスの提供

ネットサービスのビジネス価値を決めるのは、提供者ではなく利用者の立場へと移行しています。当社では「人間中心設計」に基づくサービスデザインをベースとして、徹底した仮説検証の手法と、アジャイル開発による反復検証をスピード感を持って提供しています。PoCの効果に疑問のあるお客様に、具体的なサービス導入効果を提示します。

#

IT活用によるリーンスタートアップ

ビジネス創造でのアイデアに最新のITを実装し、その技術的な価値がどのような効果を生み出すかを検証する方法の一つです。とりわけマネタイズポイントを検証し、サービスモデルとして成立させるために、参加する多数のステークホルダー間で、無駄のないサービス投入プロセスを提供します。

シームレスなサービスマネジメント

ビジネスの安定性と継続したイノベーションをサポートするため、サービスのライフサイクルを総合的にカバーします。それぞれのフェーズを継続したフレームでコントロールすることで、シームレスなマネジメントを実現することができます。結果として、ITコストの可視化に貢献するとともに、サービス価値の最大化を支援します。

特徴Detail

  • BizDevOps(Business)

    新たなビジネスを生み出すためには、多くのサービス提供モデルを検討し、かつマネタイズの検証が必要となります。当社では、サービスプロデュース経験の豊富なコンサルタントが、サービスマネジメントの観点を加え、PoCから実際のサービス開発、運営に至るプロセスのデザインを支援します。

  • BizDevOps(Development)

    当社が最も得意とするネットサービス分野の開発知見を活用し、コンシューマ視点を意識したUI/UXを適用するサービスを実装します。また、サービス提供モデルを意識したアーキテクチャの選定や、適切なクラウドサービスの利用を提案することも可能です。PoCなどの検証を短期間で実現することで、サービス提供モデルのあるべき姿を支援します。

  • BizDevOps(Operation)

    ネットサービスは変化に対する素早い対応が求められる一方、セキュリティやパフォーマンスへの影響度合いを適切にコントロールすることも必須となります。新たなビジネス要求やシステム実装でのスピード感を阻害することなく、継続的なサービス改善を実現するために、当社ではビジネスライフサイクルを通じた検証とリリースの最適化を支援します。

事例Case Study

Case.1

大手エネルギー企業

新たな顧客会員システムにおいて、バックエンドの情報と連携し最適なコンテンツ配信の仕組みをクラウドベンダーとともに提供しています。将来的に大きな会員数となることを見越した検証により、効果的なサイジング方法を実現します。

Case.2

大手流通企業グループ

新たなプラットフォームサービスの企画段階から参画し、評価用のモック制作を利用したアライアンス開拓やパイロットローンチへのアプローチまでを、お客様と一緒になって支援しました。複数のPoCを通じてリリースしたサービスの安定運用と、改善開発を継続して提供しています。

Case.3

大手出版・印刷業

金融機関や自治体も利用する新たなサービスプラットフォームの開発を担当。しかしながらサービスマネジメント観点の不足を指摘するとともに、新たなサービス運営組織の組成からサービス提供モデルの再定義を実施。セキュリティや運用手法の効率化により、安定したサービス提供を実現しています。

当社についてのお問い合わせは
こちらから